大麻(ヘンプ) は麻薬ではありません。多くの健康効果が期待されているハーブです。

ヘンプオイルの健康効果 -ヘンプでエコロジー生活「アサノハ」

麻油(ヘンプオイル)の健康増進効果

大麻草の油(ヘンプオイル)は、万人におすすめしたい自然健康食品です。

私たちが食品として食べている油を大きく分けると、オメガ3、オメガ6、オメガ9の三種類に分類することができます。オメガ3、オメガ6は必須脂肪酸と言われています。

オイル

オメガ3
亜麻仁油やシソ油に多く含まれるα-リノレン酸、青魚に多く含まれるエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)などがあります。
オメガ6
紅花油、月見草油、ゴマ油、大豆油、コーン油などサラダ油の原料になる植物油の主成分であるリノール酸や、動物性の脂肪に含まれるアラキドン酸があげられます。
オメガ9
オリーブオイル、ココナッツオイルなどに多く含まれます。体内で合成できるため、必須脂肪酸には分類されません。


オメガ3とオメガ6は必須脂肪酸ですが、現代人はオメガ6の摂取が過剰であると言われています。
オメガ6を過剰摂取すると血液が固まり、中性脂肪を上昇させます。また免疫機能に悪影響を及ぼしアレルギー疾患などの原因になります。
したがって、健康のためには必須脂肪酸のうちオメガ6とオメガ3をバランス良く摂ることを心がける必要があります。
ヘンプオイルには、オメガ3とオメガ6が1対3という理想的なバランスで含まれています。
オメガ3には、オメガ6過剰摂取の害を中和する働きがあり、血液を柔らかくし、高血圧、動脈硬化、アレルギー疾患などの治療に用いられることがあります。
また、オメガ6の中でも、ヘンプオイルはγ(ガンマ)リノレン酸の含有率が高いことが知られています。
γリノレン酸は、ヘンプオイルのほかに見草油やスピルナなど限られた食材にしか含まれておらず、アトピー性皮膚炎や湿疹、炎症、乳癌、関節リウマチなど、様々な疾患に効果があるといわれています。
γリノレン酸は母乳に含まれる成分でもあり、赤ちゃんの皮膚を形成したり、免疫機能を高めたりするために役立ちます。


オメガ3の弱点は熱に弱く、加熱によって酸化しやすいことです。そのためヘンプオイルは炒め物には向きません。
したがって、ヘンプオイルはドレッシングの材料など生食用に使用し、炒め物をする場合には、人体への害が少なく酸化しにくい性質を持つオメガ9系の油を使用することをおすすめします。

オメガ9系の油で炒めた野菜に、火を止めて食べる直前にヘンプオイルを少量振りかけることによって風味のある味わいになります。
市販のノンオイルドレッシングにヘンプオイルを適量加えて生野菜にかけると、絶品のサラダになります。


製品紹介
有機ヘンプオイル(ヘンプキッチン)



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional