大麻(ヘンプ) は麻薬ではありません。多くの健康効果が期待されているハーブです。

麻の実ナッツはベジタリアン推奨 -ヘンプでエコロジー生活「アサノハ」

麻の実はベジタリアン推奨

大麻の実

大麻草の実(ヘンプナッツ)は、健康志向の人が陥りやすいミネラル欠乏症を防ぐ、天然のマルチ・サプリメントであると言えます。

近年の健康ブームによって、肉食中心の食生活をやめて玄米菜食を実践される人が増えてきましたが、それには栄養学的な問題がありました。

その理由のひとつは、農薬の使用などによって近年は土壌の質が低下し、スーパーなどで販売されている米や野菜は昔のものと比べて栄養価が極端に落ちているということです。
このような低栄養食品で玄米菜食を続けていると、例えば、必須ミネラルのひとつである亜鉛欠乏症などの原因になります。

肉や魚介類に多く含まれる亜鉛は人間の体に重要な補酵素であり、亜鉛を必要とする酵素は200種類以上あると言われています。体内の亜鉛が欠乏すると皮膚炎や脱毛、動脈硬化、性機能不全、免疫不全、細胞の老化などのリスクが高まります。

また玄米を食べる人が増えていますが、玄米の表皮にはフィチン酸という物質が含まれています。フィチン酸には体内の毒素を出すキレート作用があるのですが、同時に亜鉛や鉄分など健康のために必要なミネラルの吸収までを阻害してしまう副作用もあります。

麻の実には、ベジタリアンが不足しがちな亜鉛や鉄などのミネラルが豊富に含まれています。
さらに、大麻の実には良質な不溶性食物繊維が含まれています。不溶性食物繊維は、腸内環境を改善し糖尿病や大腸がんを予防するといわれています。

さらに、大麻の実に含まれるグロブリンとアルブミンというタンパク質は病原体に対する抗体の原料となり免疫力を上げます。そして、大麻の実にはこれらが消化を助けるためのベストバランスで含まれているので、大豆と比べて消化吸収が良いという特長があります。


麻の実の成分表を見ると、リンが多いのではないかと懸念される人もいるかもしれません。リンの過剰摂取は、カルシウムの吸収を阻害すると言われています。

インスタントラーメン

しかし、リンはカルシウムと共に骨を形成する必須ミネラルであり、リンが不足すると歯槽膿漏、発育不全、骨軟化症、神経痛などのリスクを高めます。
日本人はインスタント食品などの加工食品が原因で、リン過剰症であると言われていますが、日頃から健康に気を遣い加工食品などをあまり食べないようにしている人は、逆にリン欠乏症に陥っている場合が少なくないのです。

リンとカルシウムの摂取量は1対1が好ましいとされています。
健康志向の方は、意識して加工食品の摂取を抑え、さらに比較的カルシウムを多く含む大豆製品(味噌、豆腐、納豆など)を多く食べている傾向があるので、リン過剰症についてはあまり気にする必要はないと思われます。


製品紹介
有機麻の実ナッツ(ヘンプキッチン)



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional