麻(ヘンプ)のある新しいライフスタイルを提案するWebマガジン  - 麻でエコ生活「アサノハ」 asanoha  

銀座 巴馬(バーマ)ロハスカフェ

火麻料理の店 銀座 巴馬ロハスカフェ

巴馬ロハスカフェ

百歳以上の高齢者が元気に暮らす中国広西チワン族自治区・巴馬(バーマ)が今、「長寿村」として世界から注目されています。

巴馬の人々が健康である理由は多々ありますが、なかでも一番大きな要因として考えられるのが、「火麻」(ひま)を料理に使っていることです。
巴馬の人々は大麻草のことを火麻と呼んで、その実を常食しているのです。

日本では誤解されている大麻(麻/アサ)ですが、本来は健康食材のひとつで、カンナビシンAというポリフェノールや必須脂肪酸(オメガ3)、そしてミネラルを豊富に含むので、血管をやわらかくし、肌にうるおいをもたらしてくれます。

巴馬ロハスカフェは、この火麻を使った料理の専門店。火麻の実と油を独自の中華料理に仕上げています。
メニューはお粥と点心、昼はランチコース、ティータイムには中国茶とスイーツ、夜は一品料理とコース料理など豊富です。

巴馬ロハスカフェのプロデュースは、ロハス系雑誌「ソトコト」編集長の小黒一三氏。

マスコミ取材

  • 日本テレビ「ぐるナイ」 ※火麻ロハス中華として紹介
  • TBS「王様のブランチ」

メニュー

PDFファイルをこちらからダウンロードすることができます

営業時間

  • Breakfast:9:00~11:30
  • Launch:11:30~15:00
  • Afternoon Tea:15:00~17:00
  • Dinner:18:00~23:00 (L.O22:00)
  • 無休

所在地

東京都中央区銀座6-11-1 銀座ソトコトロハス館(松坂屋銀座店の裏になります)
TEL  03-6255-6840

※現在閉店しております。


店内で流れている映像。
中国の広西チワン族自治区の巴馬は世界有数の長寿の里。
火麻(ひま:中国語で大麻草)を毎日食べています。



巴馬ロハスカフェ - アサノハ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional