大麻(ヘンプ)は麻薬ではありません。人間と地球にやさしい植物です。  - アサノハ asanoha

ヘンプオイル(ヘンプシードオイル)とは

ヘンプオイル(ヘンプシードオイル)とは

ヘンプオイル

一般的に、ヘンプオイルとは、麻(ヘンプ)の実から抽出したオイルのことを言います。ヘンプシードオイル、または麻の実油とも呼ばれます。

ヘンプとは大麻のことであり、日本では大麻取締法によって栽培や産業利用に制限がかけられています。
日本では大麻の葉と花の部分の利用が禁止されていますが、実と茎に関しては食用や産業用に利用することが出来ます。

ヘンプの実は非常に栄養価が高く、実から抽出されるヘンプシードオイルは、オメガ3やオメガ6といった必須脂肪酸の含有率が非常に高く、さらに、一般的な食品からは摂取が難しいといわれるY-リノレン酸が他の食用油と比べて最も多く含まれています。

ヘンプオイルは、その美容効果の高さから「スーパーフード」のひとつとして紹介されることがあります。
ヘンプオイルに含まれるオメガ3は熱で壊れてしまうため、できるだけ加熱することなく利用することがおすすめです。

ヘンプオイル

ヘンプオイルは食品として使用するほか、濾過して固形分を取り除いたものをマッサージオイルや乳液代わりに肌に塗る場合もあります。


海外では、ヘンプの花から抽出した薬効成分をココナッツ油などに溶かしたものを医療用に使用する場合があります。
これはカンナビスオイルと呼ばれており、ヘンプシードオイルとは異なるものです。
日本ではカンナビスオイルを使用することは法律で禁止されています。

⇒有機栽培のヘンプオイル(通販)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional