カリフォルニア州、ペット用大麻合法化へ下院委員会で可決 

獣医

日本ではようやく厚労省が初めて医療用大麻の治験を認める方向へ舵を切ったが、米カリフォルニア州では4月19日、ペット用大麻を合法化する法案が下院委員会で可決された。
両院本会議での可決を経て成立すれば、獣医師による大麻製品の処方の勧告などが可能になる。

法案を提出したアッシュ・カルラ州下院議員は声明で「大麻の動物への効用は多くの証拠から裏づけられており、ペットの飼い主はその安全性や責任ある使用法について最善の情報を必要としている」と指摘。

カリフォルニア州では2018年に成立した法律で、ペットに医療目的で大麻を使用するかどうかについて獣医師と飼い主が話し合うことは認められていた一方で、獣医師がその使用を「勧めた」場合は懲戒対象になるおそれがあるといったように線引きがあいまいだった。

出典: Forbes JAPAN(2022年4月27日)

関連記事
厚労省 医療用大麻の治験を許可 大麻取締法改正へ
安倍晋三氏、大麻栽培に対する偏見について「政治の場で考えていく必要がある」

ヘンプショップ