麻(ヘンプ)のある新しいライフスタイルを提案するWebマガジン  - 麻でエコ生活「アサノハ」 asanoha  

大麻市場、今後7年間の市場予測は16.6%拡大

大麻市場、今後7年間の市場予測は16.6%拡大

株式会社グローバルインフォメーションは、大麻市場に関する調査レポートを4月20日より発行しています。

このレポートによると、大麻抽出物の市場規模は2019年に73億米ドルで、2020年から2027年の年平均成長率(CAGR)は16.6%と予想されます。
この市場を牽引する主な要因は、てんかん、うつ病などの精神疾患とともに、アルツハイマー病、がんなどの慢性疾患の治療のために医療用大麻を選択する機会の増加です。
市場の成長を底上げすると予想されるもうひとつの要因は、さまざまな国での医療用大麻が合法化される動きです。

大麻を合法化した一部の国では闇市場での販売が減少し、合法的な大麻製品の購入が増加しました。
カンナビジオール(CBD)オイルは精神に対して影響を与えないことから、これに関する法律は、葉や樹脂などの他の製品と比較すると非常に寛大なものとなっています。
大麻に対して政府が課す税金も、国家に収益増大の機会を生み出すことが期待されています。

がん患者の人口に対する発生率の上昇も医療用大麻市場を牽引する重要な要素と予想されています。
WHOによると、がんは2015年時点で世界で2番目に多い死因であり、世界で約880万人が死亡しています。
慢性疼痛の疾患の増大に起因する疼痛管理治療の必要性も増加しており、近い将来には医療用大麻市場を牽引すると予想されます。

当レポートの詳細目次と購入はこちら
https://www.gii.co.jp/report/grvi930822-cannabis-extract-market-size-share-trends-analysis.html





ヘンプショップ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional