安倍晋三氏、大麻栽培に対する偏見について「政治の場で考えていく必要がある」

「麻の活用」勉強会スタート

27日、自民党の安倍晋三元首相や森山総務会長代行らが議員会館内で第1回「産業や伝統文化等への麻の活用に関する勉強会(仮称)」に出席した。

安倍氏は冒頭あいさつで「産業用等の大麻について、残念ながら大麻というだけで偏見を持たれてしまっている」とした上で「神事をつかさどる上において麻は必要なもの。近年はヘンプ(麻)として自動車用の部品やボディ等に使われている。カーボンニュートラルを見据えれば、ヘンプの活用が期待される」などとした。
そして「耕作者が未来を描けるように、農業振興の観点、あるいは産業振興の観点からも、政治の場でしっかりと考えていく必要がある」と述べた。

以前より、安倍氏の昭恵夫人が、医療用大麻の合法化や、過疎化が進む地方再生に伝統的な大麻栽培を取り入れることなどを発信していた。

勉強会では、「大麻の乱用防止のための規制等については引き続き着実に行われるべき」とした上で、大麻草栽培者が減っている現状などを踏まえ、麻を使った日本の伝統・文化の保護について今後議論される見通しである。

出典: FNNプライムオンライン(2022年4月27日)

関連記事
厚労省 医療用大麻の治験を許可 大麻取締法改正へ


ヘンプショップ